施術の種類や費用

鏡を見る女性

施術方法によって異なる仕上がりや費用

ほくろは病院で除去することが出来るのをご存知でしょうか。小さいものから大きいものまで除去することが可能です。皮膚疾患全般を扱っている皮膚科はもちろんですが、仕上がりの綺麗さを重視するならば形成外科、美容外科、美容皮膚科がおすすめです。ほくろを取り除く方法はひとつではありません。まずはレーザー治療です。患部を照射することによって除去することが出来るのですが、メリットとしては傷跡が残りにくい点でしょう。複数回施術を行うことによって綺麗に取り除くことができます。大きい形状のものに関してはそのものを取り除くくり抜き法や切除縫合法を選択したほうが良いかもしれません。メスを使用して除去するので傷跡が残ると懸念している人もいるでしょう。しかし、現在は医学も向上して医療技術に関しては昔よりも格段に上がっています。縫合するとしても傷跡が出来るだけ目立たないように細かく行ってくれるので、跡が目立たなくなるまでに時間がかかる場合もありますが綺麗な仕上がりで跡も良く見なければ分からないまでに回復します。ほくろの状態によって向いている除去の仕方が変わってきますから、悩んでいるならば一度カウンセリングを受けてみることをおすすめします。

まず、除去する際の注意点としては現在進行形で薬を服用していたり妊娠中・授乳中の場合は施術がNGのことが多いですので必ず申告することです。特に問題のない場合は施術が出来ますのでまずカウンセリングから行ってください。ほくろ除去が行える機関に関しては美容外科や美容皮膚科はもちろんですが、一般診療の行っている皮膚科や形成外科でも可能です。ほくろの大きさや種類によっては保険適用になるので格安で除去が行えます。機関によって基準が異なりますので確認してから受診したほうが安心です。大き目のほくろに関しては高い確率で保険適用になります。しかし、施術方法によっては実費になるので、保険内で行いたい場合は医師に相談してから施術方法を決めましょう。炭酸ガスレーザー、くり抜き法、切除縫合法が代表的な施術の方法です。施術後の経過や仕上がりが異なりますし、ほくろの形状によって向き不向きの施術がありますのでカウンセリングに施術の仕方でメリットデメリットをしっかりと確認しておきましょう。除去をした後は色素沈着や傷跡が残らないためにもケアすることが大切です。傷の治りかけは皮膚が薄く日焼けしやすい状態になっていますから、テープで保護したりしばらくは日焼け止めを塗った方が良いとされています。

Copyright© 2019 気になる部分もきれいに取れるおすすめの施術 All Rights Reserved.