ほくろを除去する方法

女性

ほくろを取るための施術方法や費用について

ほくろは箇所によってはとても目立ちますのでコンプレックスに感じてしまうこともあるかもしれません。小さいほくろでも顔全体にあると目立ちますし、コンシーラーなどで誤魔化そうとしても限界があります。大きいほくろやいぼ状のほくろに関しては自力ではどうすることもできませんから余計にコンプレックスに感じてしまうこともあるでしょう。他人からしたら気にならないほくろだとしても当事者からしたらとても気になりますし、ほくろが原因で塞ぎこんでしまう人も中にはいるほどです。ほくろは病院で簡単に除去することが可能です。しかし、この事実を知らない人はたくさんいます。知っていたとしても美容整形のように費用が実費になるので高額だから受けることが出来ないと考えている人もいることでしょう。ほくろは大きいものに関しては大体保険が適用されて治療が受けれます。ほくろは良性の場合が多いのですが、中には悪性もあります。悪性のものを放置しているとガンに発展することもありますから、早期にほくろ除去する必要があるケースも珍しくないのです。検査に出すとなればほくろ除去は保険適用で行うことが出来ますから、除去自体は5千円から1万円程度で行うことが可能なのです。

ほくろ除去は保険が適用されれば5千円から1万円程度で取ることができます。除去の方法としてはいくつかあるのですが、最近では炭酸ガスレーザーでの除去が人気を呼んでいます。美容外科や美容皮膚科でも取り入れられているものなのですが、レーザーで照射してほくろを除去するので除去後の回復が早く、跡が残りにくいというメリットがあります。最初から美容目的で行う場合は実費になるので少し値段が張りますが、綺麗に仕上げたい人にオススメの方法です。炭酸ガスレーザーでもほくろの状態によっては保険が適用されます。いぼ状のほくろや大きいほくろに関してはくり抜き法や切除縫合法が最適です。くり抜き法はほくろを根元からくり抜くのですが、患部だけをくり抜くのでそのまま皮膚が再生するのを待ちます。切除縫合法はほくろ付近の皮膚も一緒に除去して傷跡を縫合する方法です。縫合するので回復が早いという利点があります。縫合することで跡が残ってしまうと考えている方もいるかもしれませんが、最近では技術も上がっていますので、出来るだけ傷跡が残らないように細かく縫合してくれますし、跡も目立たないように治療してくれます。ほくろ除去はじつはリーズナブルな価格で受けることが出来るので取りたいと考えている方は検討してみることをおすすめします。

Copyright© 2019 気になる部分もきれいに取れるおすすめの施術 All Rights Reserved.